次亜塩素酸ナトリウムは「混ぜるな危険」!何を混ぜてはいけないの?

感染予防のための情報

家庭用漂白剤の容器に「混ぜるな危険」と書いてあるのを見たことはありませんか。

確かに書いてありますね。

かなで
かなで

では、何と何を混ぜてはいけないのか理解していますか?

えっ!そんなこと考えたことないです。

かなで
かなで

介護施設に行って感染症の講義をしても
ほとんど答えられる人がいないので、
ショックを受けなくても大丈夫。
だけど、大事なことだからここで
しっかり覚えておきましょう。

今回は漂白剤やカビ取り剤などに書いてある「混ぜるな危険」について解説していきます。除菌剤として次亜塩素酸ナトリウム液を作成して、使用されている方も多いのではないでしょうか。場合によっては知らなかったでは済まない事態にもなりかねないので、しっかり理解して安心して使用できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

混ぜるな危険とは

洗剤や漂白剤には「塩素系の漂白剤・洗浄剤」と「酸性タイプの洗浄剤」の2つの種類があります。混ぜるな危険とはこの2つの種類のものを混ぜてはいけないと、注意をしているのです。

混ぜるな危険!混ぜるとどうなるのか

もしこの2つの種類のもの誤って混ぜてしまった場合には、人体にとって非常に有害な濃度の塩素ガスを発生させます。それにより最悪の場合には死に至ることもあるのです。

塩素ガスは極めて毒性が強い、刺激性のある気体です。緑黄色の色をしており第一次大戦では初の化学兵器として使わるほどのものです。

容器への記載はあるものの、それほど緊迫感がないためもし混ぜてしまっても大したことは無いと思われるかもしれませんが、実は実際に死亡事故を起こすほど危険な状態になってしまうことがあるのです。

どれくらい危険なのか

塩素ガスは刺激性が非常に強く、肺や気管支などの呼吸器系や目・口腔内の粘膜組織を破壊します。それによって目や鼻、のどに痛みを感じます。そのほか、呼吸困難や頭痛、めまいや吐き気などの症状が出現することがあり、場合によっては命にかかわるような重篤な状況になることもあるため、その取り扱いには慎重にならなければなりません。

「混ぜるな危険」と表記が必要なものは、消費者庁告示「雑貨工業品品質表示規定」で定める塩素ガス発生試験で1.0ppm以上の塩素ガスが発生した製品となっています。身の回りにもたくさんあり、日用品として販売されているものもあり、普段の生活の中でも注意が必要になります。

では、どのようなもに注意が必要なのでしょうか。いくつか例を挙げていきます。

塩素系の洗浄剤・漂白剤

お風呂のカビ取り剤・台所用漂白剤
排水パイプの洗浄剤
これらは主成分が次亜塩素酸ナトリウムであることがあります。次亜塩素酸ナトリウムは塩素化合物の一種で、強い酸性の物質と混ざり合うことで塩素ガスを発生させます。

酸性の洗浄剤

トイレの黄ばみ落とし洗浄剤
洗濯用洗剤
お風呂の洗剤
酸性タイプの洗剤も市場にはたくさん流通しています。その中でも主成分が塩酸のものは特に気をつけなければなりません。普段使用して入りものに「混ぜるな危険」の表記がないかチェックしておくようにしましょう。
洗濯で使用するワイドハイターなどの酸素系の漂白剤は成分が過酸化水素と炭酸ナトリウムとなっており、塩素ガスの発生はないので大丈夫です。

その他の洗剤や食品など


クエン酸(レモン・みかん・グレープフルーツ、梅干しなど)
食塩
アルコール類
キッチンなどの洗剤にはお酢やクエン酸を主成分としたものがありますので、これらを使用する場合には注意が必要です。
また、酸性のレモンやグレープフルーツの果肉の残ったゴミと塩素系の漂白剤などが混ざらないようにしなければなりません。お酢やアルコールと混ざるのもいけないので、特に台所で使用する時には細心の注意をしましょう。
たとえば、生ごみに直接次亜塩素酸水をかけて除菌や消臭をするという行為は、ごみの種類によっては危険かもしれません。
このような時には次亜塩素酸ナトリウム液ではなく次亜塩素酸水の方が安心ですね。

もし混ぜてしまったらどうする?

気をつけていても、また偶発的に混ざってしまい塩素ガスが発生してしまうこともあるかもしれません。そのような時にはどうすればよいのでしょうか。基本的な対処法をご紹介します。

換気をする

塩素系の漂白剤や酸性の洗浄剤を使用しているときに、変なにおいがすると感じたり、目や鼻の粘膜に違和感を感じた時には、すぐに窓を開けて換気扇を回すなどの換気をして、発生した塩素ガスを屋外へ逃がしましょう。

換気をしたら、しばらくはその場所には近づかないようにしましょう。

水で流す

塩素は水に溶けやすい物質ですので、キッチンやお風呂場など水で流せる場合は原因となっている物質を水で洗い流しましょう。

ガスを吸い込んてしまったら受診する

塩素ガスを吸い込んでしまったり、体に異常を感じるようなときには速やかに病院を受診しましょう。放置することで、命にかかわるようなことになると大変です。

まとめ

塩素系の漂白剤に含まれる次亜塩素酸ナトリウムは除菌、漂白効果もあり日常的によく使用されますが、間違った使い方で大きな事故にもつながりかねません。混ぜるな危険とは何と何を混ぜてはいけないのかを理解して、混ざらないように気をつけながら安全に使用していきましょう。

危険性のないものを選ぶということも考慮していくようにしましょうね。