【次亜塩素酸水】手作りと市販品のメリット・デメリット

感染予防のための情報

細菌アルコールよりも除菌効果が高く、人体への影響が少なく注目されている次亜塩素酸水ですが、販売されているものを購入するほか自作で手作りすることもできます。

では、販売されているものと手作りのもののどちらの方が良いと思いますか。今回は次亜塩素酸水の入手方法で販売されているものを購入する場合と手作りする場合のメリットデメリットについて、違いがわかるようまとめておきます。

スポンサーリンク

次亜塩素酸水は手作りと市販のものではどちらがいいのかとその理由

もし、次亜塩素酸水を手作りしようか販売しているものを購入しようかと迷っているのなら、どちらもありです。なぜならどちらの入手方法でもそれぞれにメリット・デメリットがあるからです。

ですから、自分の使用目的や量などによってどちらの方法が良いかを選んでいくようにしましょう。

どちらにしても、次亜塩素酸水は除菌力や消臭力は優れているのでおすすめです。

次亜塩素酸水がどのようなものかよくわからないという人はこちらの記事も参考にして下さい。
ウイルス除去で注目の次亜塩素酸水は本当に効果があるのか?

販売されている次亜塩素酸水を購入するメリット・デメリット

市販品の購入のメリット

  • 市販品を購入するメリットは製品の品質が安定していることです。専用の工場で品質を管理しながら製造されるため濃度やpHの安定した次亜塩素酸水を手に入れることができます。
  • 濃度を調整しながら手作りをするという手間がなく、次亜塩素酸水を使うことができ忙しい人には良いでしょう。

市販品の購入のデメリット

  • 売り切れになると入荷待ちになる。
  • 希釈せずに使用が可能な次亜塩素酸水は品質の低下を防ぐため容量があまり多くありません。そのため、加湿器などに入れて多量に使用したい場合にはその分コストがかかってしまいます。

次亜塩素酸水を手作りするメリット・デメリット

厚労省が除菌効果があるとして認めている次亜塩素酸水は塩を電気分解したものとなり、こちらでもそれを前提に比較します。したがって、粉末やタブレットなどを水に溶かして生成するタイプのものは比較の対象外としています。

手作りのメリット

  • 次亜塩素酸水を手作りするメリットは好きな時に好きなだけ次亜塩素酸水を作ることができすことです。掃除などの時に少量だけ使いたい場合には小さい生成器で、たくさん使用したいときには大型の生成器で作るといつでもフレッシュな次亜塩素酸水を作ることができ、好きなだけ使用することができます。
  • そのため、長期間保存していた次亜塩素酸水が使用しようと思ったときに濃度が下がっていて、使えなかったということがなくなります。

手作りのデメリット

  • 塩を電気分解する次亜塩素酸水の生成器を購入する必要があり、初期費用が必要です。
  • 塩の状態や水の性質によっては次亜塩素酸水の濃度が適正なものにならないことがあり、その場合には、市販の専用の塩や浄水を使用するなどの調整が必要になるため、手間がかかることもあるところがネックです。
    また、専用のものを購入する必要が出てくれば、その分のランニングコストがかかってしまいます。

このように、市販されているのもを購入するか、次亜塩素酸水の生成器を購入して自宅で作るかはどちらもメリットとデメリットがあるため、使う人が良いと思うほうを選ぶようにしましょう

どちらの場合もいくつかの商品や製品が販売されているので、中でもおすすめのものをあげておきます。

市販されている次亜塩素酸水のおすすめ商品

除菌水ジーア 次亜塩素酸水の定期購入で買い忘れなし
ルピクリン  容量が100ml~20Lまで豊富なところがgood!
ジアケア   アロマディフューザー も合わせて空間除菌も

次亜塩素酸水の生成器のおすすめ商品

ジアポケット     180mlの次亜塩素酸水をわずか3分で生成
次亜塩素酸水メーカー 2L の大容量、3つの濃度の生成が可能

自分にぴったりなものを選んで、しっかりと除菌、消臭対策をしていきましょう。