ウイルス除去で注目の次亜塩素酸水は本当に効果があるのか?

感染予防のための情報
かなで
かなで

介護研修講師のかなでです。
ナース×介護職×ケアマネ×経営者目線で
皆さんのHappy Lifeのお手伝いをしています。

新型コロナウイルスの感染者は増加の一途をたどり、自分は大丈夫とは言えない状況です。しかし、どこに行ってもマスクやアルコールは非常に手に入りにくい状況が続きどうすればいいのかと嘆いている人も多いのではないでしょうか。そんな中今注目を集めているのが「次亜塩素酸水」です。

最近では、アルコール製剤が手に入りにくい状況に対応するために市民に配布を始めた自治体もでてきました。

一般の方には今まであまり聞き馴染みのなかった言葉かもしれません。

この次亜塩素酸水とはどういうものなのか、ウイルス除去効果はどうなのかを解説していきたいと思います。アルコールは手に入らないし、ちょっと気になっていたという人は是非読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

外出を自粛すれば安心なのか

本題に入る前に、皆さんの中には政府の要請に従ってなるべく外出を自粛をするようにされている方も多いでしょう。しかし、私自身は外出自粛だけでは万全でないと思っています。

すでに市中感染でどこから感染したのかが分からない人が増加している今となっては、ちょっとした買い物なども安心できないと警戒をしています。

なぜなら、買い物では誰が触ったかわからない商品を購入することになりますし、スーパーの中などで誰かしらと接触をすることになります。もちろんスーパーやお店の人たちは万全の態勢で対応をしていただいているので、そこに対しては敬意を示しますが、問題は一般のお客さんです。

マスクをせずに外出している人、商品を手にとっては戻すという行為、家族や知り合いと大きな声でおしゃべりをしながら買い物をしている人など、感染の機会になりえる場面がたくさん見られます。私は看護師ということもあり、そういうところについ目が行き、とても気になってしまいますが、本当に危険がいっぱいだなあと思ってしまいます。

外から帰ってきたら自分の手はしっかりと手洗いをしますが、買い物をして持って帰ってきたものはどうしよう、衣服にウイルスが付いていてそのままソファーに座って、子どもが触ったら・・・と考えるとどうやって対策をしていこうかと悩みませんか。

そこで、アルコールに代わり注目されているのが次亜塩素酸水です。

次亜塩素酸水とは

次亜塩素酸水とはその名の通り、次亜塩素酸を主成分とした水溶液のことです。

はい、そんなことはわかりますよね、では次亜塩素酸とは何なのでしょうか。

次亜塩素酸水とは、塩酸や食塩水を電気分解することで作られる酸性電解水のことです。この次亜塩素水は酸化剤や漂白剤、殺菌剤、消毒剤として利用されています。

では、殺菌効果はどうなのでしょうか。これについては厚生労働省がph5.2の「微酸性次亜塩素酸水」を使って黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、コルコウジカビ、MRSA、大腸菌、レンサ球菌、インフルエンザウイルス、ノロウイルスの細菌類を用いて1分間以内の殺菌効果を確認しています。そのほか、有芽細胞と呼ばれる耐性の強い細菌に対しても効果が確認されています。

これだけの殺菌効果がありながら、食品を使った安全性も検証では、次亜塩素酸水に10分間浸した時の残留塩素は未検出、総ビタミンの含有量への影響も水道水の時と変わりがなく栄養成分への影響を与えないなど、ウイルスや細菌に対しては高い殺菌力を発揮しながら食品へは無害であるという理想の水溶液であると言えるのではないでしょうか。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム

この次亜塩素酸水に似たものに次亜塩素酸ナトリウムというものがあります。両者の違いは何なのでしょうか。

次亜塩素酸ナトリウムとは

次亜塩素酸ナトリウムは、殺菌や漂白などに用いられる塩素系の漂白剤です。一般的にもブリーチやハイターなどの商品名で広く普及しています。この次亜塩素酸ナトリウムは水溶液の形で市販されているため、使用の時に水で希釈をするようにします。

使い方によっては、生体へのダメージが大きいので器具の清掃などに使用用途が限られます。

ふたつの次亜塩素酸の違いと特徴

どちらも消毒や漂白などに使用できて似ているようにも思えますが、実はこの2つには大きな違いがあります。

次亜塩素酸水 次亜塩素酸ナトリウム液
化学的性状 酸性(ph2.2-6.5) アルカリ性(ph>7.5)
主成分 次亜塩素酸(HCIO)塩素(Cl2) 次亜塩素酸イオン(ClO⁻)
安定性 不安定 安定
使用範囲 生体(手指や皮膚)に使用可 生体への使用は不可
手荒れ 少ない 多い
自然環境負荷 少ない 多い
トリハロメタン 生成なし 生成あり
臭気 水道水レベル かなり強い臭気あり

次亜塩素酸水は手指消毒や皮膚の消毒に使用できるほか、室内環境のウイルス除去にも効果があり、除菌消臭が可能であるため幅広く使用できるのが特徴です。そのため、公共の場所や介護施設、歯科や美容室などの店舗では加湿器の水を次亜塩素酸水にして空間の除菌消臭をしているところが増えています。

あまり気が付いていないかもしれませんが、加湿器の様な機械を置かれているのを見かけているはずです。

また、次亜塩素酸水は人体に対する安全性が求められているため、万一誤って飲み込んでしまっても体内への残留はないとされており、赤ちゃんやペットのいる家庭でも安心して使用することができます。

そのため、大きな会社の社食などでは食中毒の予防の為、生野菜などを消毒するのに使用しています。

反面、安定性に欠けるため保存に向かないという欠点があります。そのため、定期的に新しい次亜塩素酸水を使用するようにしておかなければなりません。自治体で配布された次亜塩素酸をいつまでも使用してるのでは、知らないうちに効力が落ちていて消毒効果が発揮できていなかったということもおこりかねません。

次亜塩素酸水の入手方法

次亜塩素酸水を入手するにはどうすればよいのでしょうか。

作る

次亜塩素酸水は専用の機械を使用して自宅で作ることができます。生成器は家庭用の小さいものがら業務用まで用途に応じてさまざまな大きさのものが販売されています。

次亜塩素酸水を自分作る時のメリットは、いつでも好きなだけ次亜塩素酸水を作ることができる点です。たくさんの次亜塩素酸水が欲しい時には便利です。

一方で次亜塩素酸水を生成する機械を購入したり、設置するスペースが必要となります。この生成器は家庭用の本体で4万円~10万円くらいで購入ができます。また、機械の本体以外にも次亜塩素酸水を生成するための塩を購入する必要があるため、思っていた以上にランニングコストがかかるので注意が必要です。

このほか、次亜塩素酸水は安定性が悪いため自作する時には保存の仕方にも気をつけるようにしましょう。殺菌消毒済みの保存容器に保存し、なるべく早めに使い切るようにします。保管する際は直射日光をさけた冷暗所に保管しておくようにします。

買う

自作は色々面倒だと思われる場合には、市販されている次亜塩素酸水を購入しましょう。価格もそれほど高くないため機械や塩を購入することを考えると、逆にコスパは良いと思います。

また、メーカーがしっかりと品質管理をしているため濃度やphが一定に保たれており、1,2か月は保存しておくことができる点がポイントです。

次亜塩素酸水はドラッグストアなどで購入できます。ただし、加湿器などに使用したい場合には大量に購入が必要となり持ち帰りが大変になります。

そのような場合にはインターネットの通販を利用したり定期購入されることをお勧めします。

https://kasaju2019.com/infection-hypochlorousacidwater-jiia/ 

まとめ

もともと、食品の衛生管理やイチゴやキュウリの栽培時の病気を予防するために安全性が高く、ウイルスの消毒もできる次亜塩素酸水です。脱臭効果もあるためこれからは広く一般家庭にも普及されるのではないかと思います。手指消毒や空間の除菌にぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

残留塩素の濃度のチェックはこちらを使用すると便利です

アクアチェックHC 100枚入 高濃度遊離残留塩素試験紙 次亜塩素酸 消毒液 希釈濃度管理 ppm

価格:3,080円
(2020/4/24 21:44時点)
感想(6件)